ホーム > 貯める・運用する > 投資信託 > 投信積立サービス
低金利政策、少子高齢化による公的年金への不安などから資産運用にも自助努力が必要な時代となりました。
将来の生活設計への準備は万全ですか?

「ためる」から「ふやす」時代へ
将来に備えて<かんしん>の「投資積立サービス」を考えてみませんか
◆商品の概要◆
対象者 個人および法人のお客さま
対象ファンド 当金庫扱いの累積投資型ファンド(複数ファンドの申込みも可能です)
積立金額 1ファンドにつき、1万円以上1千円単位
※年2回まで増額月が指定できます
申込期限 振替日の10営業日前
積立方法 お客さまの指定した口座振替日に一定金額を指定口座から自動振替し、契約ファンドを購入いたします
口座振替日 毎月1日、5日、10日、15日、20日、25日のいずれかを指定できます
指定振替日が当金庫の休業日などの場合は、翌営業日に振替させていただきます
積立期間 原則無期限です
ただし、投資ファンドが償還を迎えた場合は、取扱いを中止させていただきます
引落指定口座 普通預金または、当座預金
申込手数料 契約ファンドのご購入に必要な申込手数料(含む消費税)を振替金額から差引かせていただきます
サービスの中止・変更 次回振替日の7営業日前までにお届けがあった場合は、次回から変更・中止が可能です
換金のお手続き 原則いつでも申込み可能です
ただし、海外市場の休業日などの、ファンド自体の取引不可能日は除きます
収益分配金 税金を差引いた後、自動的に投資させていただきます(手数料は無料です)
その他 1、振替日の前日までにご購入資金のご入金いただく必要があります
※振替日当日ご入金いただいても、ファンドの購入は行ないません
2、複数ファンドをご指定し、お支払可能残高がファンド購入資金の総額に満たない場合は、振替可能金額を自動引落しさせていただきます
※ファンド購入の優先順位は、当金庫の任意とさせていただきます

◆サービスの特長◆
●毎日コツコツ、気軽に始める投資信託です

お客さまが指定された投資信託を毎月1万円から一定金額(1千円単位)で自動的に購入できます
長期に継続して積立てていただくことでリスクを抑えることができますので、積立て感覚で将来必要な資金を貯える手段としてご利用いただけます

●長期にわたって購入することでリスクを減らす効果が期待できます
お客さまが指定された投資信託を毎月1万円から一定金額(1千円単位)で自動的に購入できます
長期に継続して積立てていただくことでリスクを抑えることができますので、積立て感覚で将来必要な資金を貯える手段としてご利用いただけます
●ドルコスト平均法で、平均購入単価を下げる効果があります
同じ数量を定期購入するよりも、同じ金額で定期購入していったほうが高いときは少なく、安いときは多く購入することができるので、毎回一定数量を購入する場合より平均購入単価を平準化することができます
◆ドルコスト平均法
1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 合計 平均購入価格
定時定額購入 購入口数 10,000口 12,500口 8,333口 10,000口 40,833口 9,796円
投資金額 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 40,000円
一定口数購入 購入口数 10,000口 10,000口 10,000口 10,000口 40,000口 10,000円
投資金額 10,000円 8,000円 12,000円 10,000円 40,000円
※購入に要する手数料、税金などは考慮しておりません
●自動引落しなので手間がかかりません
一度お申込みになれば、後は自動的に指定口座から引落して投資信託を購入できます
窓口などに行く必要がありませんから、お時間のない方でも手軽に投資がはじめられます
●お客さまの投資スタイルにあった投資信託を指定できます
対象になっている投資信託の中から、お客さまの投資スタイル・ご要望にあった商品をお選びいただけます

◆「かんしん投信積立サービス」対象ファンド◆
中期国債ファンド しんきん野村世界国債ファンド ドルマネーファンド
DIAM高格付インカム・オープン グローバル・ソブリン・オープン 富士スリーウェイオープン
アセット・ナビゲーション・ファンド(株式40) アセット・ナビゲーション・ファンド(株式20) しんきん3資産ファンド
ユナイテッド・マルチ・マネージャー・ファンド1 しんきんインデックスファンド225 インデックスオープン日経300
ニッセイ日本勝ち組ファンド ノムラ・ジャパン・オープン しんきん好配当利回り株ファンド
しんきん世界好配当利回り株ファンド 三井住友・グローバル・リート・オープン
平成19年3月1日現在


※当金庫窓口で取扱っている投資信託について、次の点にご留意いただくほか、必ず目論見書にてご確認ください
  • 投資信託は、預金ではなく、預金および投資者保護基金の対象ではありません
  • 投資信託は、元本が保証されている商品ではありません
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客さまに帰属いたします
  • 投資信託は、各運用会社が設定・運用しているもので、当金庫ではお申込みの取扱いをおこなっております